ページ内移動用のメニューです。


病気予防と健康管理で、楽しい海外旅行にしよう

病気予防と健康管理で、楽しい海外旅行にしよう

ブックマーク:このページをはてなブックマークする

日本を離れて異国の土地を訪ねれば、そこには見るのも聞くのも初めてのことばかり。刺激に満ちた海外旅行は、本当に胸の躍る体験の連続です。

しかし、楽しいことばかりでもありません。気候が変われば体力が落ちたり、慣れない食べ物で体調が崩れてしまうこともめずらしくないのです。

ここでは、安心な旅行をしていただくために必要な準備と、旅行中の健康管理についてご紹介します。準備はできるだけ万全にして、思う存分旅を満喫しましょう。

海外旅行前の準備

海外で大きな病気などをしないために、旅立つ前から準備しておけることはたくさんあります。例えば、危険な地域へ旅行に行く場合には予防接種などが思い浮かぶでしょう。

しかし、英文カルテを作成しておくことや歯医者にかかっておくことにはあまり気がまわらないかもしれません。基本的な注意事項をまとめてみましたので、チェックしてみましょう。

歯医者にかかっておきましょう

海外へ旅行に出て環境が突然変わると、その影響が歯にでることがあります。現地で急に歯が痛み出し、我慢しながら過ごすことになっては、旅行の楽しさは半減してしまいます。

なるべく渡航の1ヵ月ほど前から歯科医にかかっておくことをおすすめします。

予防接種を受けましょう

アフリカ、東南アジア、中東、中南米などへ旅行に行く場合は、感染症に感染する危険があります。

旅先となる都市の衛生状態などは、厚生労働省検疫所をはじめとする各検疫所が提供する情報を確認しましょう。必要に応じて、コレラ、黄熱病、ポリオ、日本脳炎、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風、ジフテリアなどの予防接種を受けるようにするとよいでしょう。

あると便利な英文カルテ

海外で体調が悪くなったときに、言葉の壁にためらってしまったために病院に行くのが遅れ、大事に至るということも少なくありません。

言葉が通じなくてもジェスチャーなどで受診は可能ですが、持病などが有る場合は英文カルテを作っておくと、すぐにプロフィールが伝わり便利です。英文カルテは、かかりつけの医者に作ってもらうようにしましょう。

また、持病の薬は、滞在期間プラス一週間分ほど持って行くと安心です。

旅行中にあると便利な薬

旅行先には、いつも使い慣れている、風邪薬、鎮痛剤、整腸剤、3種類の薬を持って行くようにするとよいでしょう。

発展途上国でない限り、海外の都市ではたいていの薬は手に入りますが、医師の処方箋がないと買えない薬があるほか、言葉が通じずに適切な薬を購入できない場合などもあります。

これに注目!海外旅行保険の加入も忘れずに!
急な病気やケガに備えて、海外旅行保険に入ることは大切な準備のひとつです。
東京海上日動なら、電話による通訳などの付帯サービスも充実!

このページの先頭へ

海外旅行中の健康管理

気候や食べ物ほか、あらゆるものが日本とは異なる海外。日本にいるときには予想もつかなかった要因から体調を崩してしまうこともあるはずです。

好調な体調を保つ秘訣は、規則正しく過ごすこととバランスのいい食事を心がけること。

無理をせず、ゆったりと海外を満喫しましょう。

時差ボケ対策には

時差ボケの症状から回復するには、滞在先の生活リズムに身体を慣らすことが一番です。

たとえば明け方に現地へ到着した場合も、ホテルに到着してすぐに眠ってしまうのではなく、一日のはじまりを意識して積極的に活動するようにしましょう。

日の光、特に朝の光をしっかり浴びることは、体内のリズム調整に効果的です。

食事で体調を崩さないために

海外に行くと食習慣が変わるため体調を崩してしまいがちです。体調を快適に維持するコツは、なるべくバランスのよい適度な食事を心がけること。

また、衛生状態のよくない地域では、街の中で出される水や氷を口にしないようにしましょう。水道水で洗った生野菜、切り売りのフルーツなどにも注意が必要です。

滞在先の気温に注意しましょう

海外は日本とは気候条件が異なります。滞在先の毎月の平均気温は出発前に調べておくようにし、気候にあった衣類を用意しておくなど備えをしっかりしておきましょう。

昼夜の気温差が激しい地域や、冷暖房が効いた室内などに行く場合には、カーディガンなど、簡単に着脱できる衣類を持ち歩いていると便利です。

また、乾燥した地域ではこまめに水分を摂って脱水症状にならないように心がけましょう。

このページの先頭へ


このページの先頭へ